【シャドウバース(シャドバ)】ネメシス シルバー、ブロンズのみデッキ|鋼鉄の反逆者

次に紹介するデッキがこちらのデッキ。ネメシスのシルバー以下(シルバー、ブロンズのみ)デッキです。

こちらのデッキはエルフのシルバー以下デッキと違って、ちょっと高めです。

全て生成した場合、必要なレッドエーテルは合計で5650の超格安デッキです。

最新のカードパック(鋼鉄の反逆者)は手に入る機会が多く、シルバー以下は手に入る可能性が高いため、最新のカードパック(鋼鉄の反逆者)を引いた場合、

合計で4300で済みます。

自分はAFネメシスの使い方がうまくない為、AFネメシスに慣れている人であれば、強いはずです。

また、ネメシスの場合、シルバー以下デッキでも他に2パターン位あるかと思います。

・操り人形とマリオネットドラゴンのパターン

・コスト3以上のAF(アーティファクト)だけを集めるようにして、クリスタルキャノンに任せるパターン

こちらのパターンのポイントはクリスタルキャノンとコスト3以上のAFのコンボと加速装置で相手のフォロワーを倒しつつ、カードを集める事。

特に試作機械兵で手に入るトレースAFはファンファーレでもう1体出します。ただ、クリスタルキャノンとこちらのコンボの注意点としては、例えば、空いてフォロワーが1体しかいなく、そのフォロワーの体力が3以下の場合、トレースAFが2体出るから、1体目で相手フォロワーを倒し、2体目のクリスタルキャノンでリーダーに攻撃すると思うかもしれないですが、クリスタルキャノンの2回目は攻撃しないです。ビショップの天狐もそうですが、こちらのフォロワーが出た時にクリスタルキャノンが読み込むので、その時に相手フォロワーがいれば、フォロワーに攻撃。2回目もフォロワーがいないですが、相手フォロワーに攻撃するといった感じになります。なので、リーダーに攻撃したい場合は相手フォロワーがいない状態でこちらのフォロワーを出すとリーダーに攻撃してくれます。

初手でクリスタルキャノンが出た場合はコスト3以上のAFをデッキに加えるフォロワーやスペルカードを集めるようにする。

機械の加速兵(加速装置)なら低コストのAFをデッキに加えるフォロワーやスペルカードを集めるようにする感じです。

戦い方としてはデッキにAFを加えた後は共鳴状態の時、もしくは共鳴状態にして、AFをデッキから手札に加えるといった感じです。共鳴状態でない場合、デッキに1枚加えるもしくは1枚出すと共鳴になります。例えば、共鳴状態でない場合、メカニカルガンナーでデッキから手札に1枚加えるので、共鳴状態になります。その時に悪戯な少女・ミリアムやAF兵招集を選択すれば、AFが出てきます。なるべく、オートメーションと試作機械兵、クリスタルキャノンを集める事。

また、守護持ちがミスティックAFしかいません。ロボミもシルバ―なので、守護がどうしても必要ということであれば、ロボミと入れ替えてもいいかもですが・・・。なので、オートメーションでチョイスする一つはミスティックAFでもいいかと思います。クリスタルキャノンとのコンボになりますし。

気を付けなければいけないのは加速装置を期待する事。機械の加速兵がコスト5、加速装置がコスト1なので、AFも出そうとすると6コス以上必要になります。

ただ、クリスタルキャノンを4ターン目で出し、機械の加速兵を5ターンで出す。6ターン目に機械の加速兵がやられる、加速装置とトレースAFを2枚出すことが出来れば、ランダムですが、合計で12ダメージを与える事が出来ます。クリスタルキャノンはフォロワーがいなければ、リーダーにダメージなので、フォロワーがいなければ、6ターン目で12ダメージリーダーに与える事が可能です。想定ではこういった事も可能です。

管理人がこちらのデッキでやっていて、上記のようなことは今まで一度もないです。www

試作機械兵がコスト2なので、トレースAFが3ターン目で手に入ること、機械の加速兵がAFを1枚持ってくるので、その時もトレースAFになること。さらに機械の加速兵と相手フォロワーが1体のみで相殺されること。

まずかなりの強運ではないとこんなことは無いですね。www

 

全てではないですが、こちらのデッキでプラクティスの超級3は行けます。ウィッチのギガントキマイラは厳しかったです。

プラクティスのエルフ超級3に勝った時のSSです。

タイミングが良く、翠嵐の斧使いが出たので、エルフの超級3と分かるかと。

こちらはプラクティスのエルフ超級3に勝った時のSSです。

こちらもフォートレスが出ているので、ロイヤルの超級3だと分かるかと。

One Reply to “【シャドウバース(シャドバ)】ネメシス シルバー、ブロンズのみデッキ|鋼鉄の反逆者”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です