おすすめキャラクター

どのルートでも最終話までいるおすすめキャラクター

アンナ
ダブルアクションが強力で、挟み撃ちでの攻撃が出来れば、かなりダメージを与えることができます。武器ランク2の「背面ダメージアップ」を修得し、挟み撃ち+バックアタックできれば、かなりの大ダメージを与えることができます。さらにベネディクトの「連続で行くぞッ…!」を使用すれば、4回攻撃で挟み撃ちだと攻撃8回攻撃することができます
エラドール
「挑発」や「仁王の盾」でのヘイト役として、優秀です。HPや物理防御が高い為、ヘイト役としてもなかなか死にません。弱点としては魔法防御が低い為、魔法攻撃は「仁王の盾」で防ぐようにしましょう
ヒューエット
高低差を無視して移動ができ、「暗闇の矢」や「影縫い矢」等の状態異常攻撃もできますので、敵の攻撃回数を減らすにはうってつけです。遠くに倒した敵の戦利品を取りに行くといったこともヒューエットがいれば楽にできます。ストーリー分岐にもよりますが、ミロとヒューエットの二人がいれば、かなり楽にバトルを攻略できると思います

ストーリー分岐で仲間になるおすすめキャラクター

ミロ
「ムーンジャンプ」と「ハートキャッチ」が強力です。特に「ハートキャッチ」の魅了に関してはライオネルより効く確率が高いです。ベネディクトの「連続で行くぞッ…!」とTPが余っていれば、遠くの敵を魅了にして、戻ってくることもできます。回避がかなり高い為、戻らなくても敵の攻撃を回避し、死なない事も多々あります

エンディング分岐によっては離脱するおすすめキャラクター

ベネディクト
攻撃力が高いわけではなく、状態異常攻撃などもないですが、なんといっても「今だッ…!」と「連続で行くぞッ…!」の二つのアビリティが強力で、サポート役としては優秀です。魔法キャラの奥義で詠唱などは「今だッ…!」を使用すれば、すぐに発動しますし、攻撃力の高いキャラやヘイト役に「連続で行くぞッ…!」を使用すれば、楽にバトルを攻略することができます。ただ、「連続で行くぞッ…!」を使用した魔法キャラの詠唱はすぐに発動するといったことは無い為、詠唱をすぐに発動したい場合は「今だッ…!」を使用する必要があります。
エンディング分岐によっては離脱する場合もありますので、武器やクラスの最終強化は気をつけましょう
フレデリカ
HPは低いですが、武器ランク2の「撃破でTPプラス」を修得すれば、ボス以外、かなりの頻度で毎ターン魔法が使えます。例えば、範囲攻撃で1体倒した場合、他の1体もダメージを与えているため、次の攻撃で倒すことができ、TP2の状態を維持することができます。魔法キャラはTPがすぐに枯渇してしまうので、魔法キャラでTPが枯渇しないというのはかなり優秀です。
エンディング分岐によっては離脱する場合もありますので、武器やクラスの最終強化は気をつけましょう

挿話で仲間になるおすすめキャラクター

ナルヴ
魔法攻撃の属性が多才で敵の弱点を考えなくて、出撃させることができます。フレデリカと違い、TP回復がターンだけなので、TPを回復できるキャラ(メディナやユリオ)を一緒に出撃されせれば、ずっと魔法での攻撃も可能です
メディナ
ユリオのTP回復は単体の為、メディナの方が断然おすすめです。「TP薬学」はかなり重宝し、HP回復とTP回復を同時に行うことができます。終盤では常にアビリティを使う必要があるため、「HP範囲回復の丸薬」で範囲内のキャラのTP回復といったことが必要になってきます。「HP回復の丸薬」だけでもユリオのTP回復だけではなく、HP回復できるため、メディナが仲間にいる場合、ユリオの出番はほぼないでしょう。ただ、「HP範囲回復の丸薬」は想定バトルで入手する以外、数には限りがあるので、仲間になってすぐから採用して、「HP範囲回復の丸薬」を使いすぎると想定バトルで稼ぐ必要が出てきますので、使いすぎには気を付けましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。