御楯橋~シナガワ駅(ラフム戦まで)

御楯橋~シナガワ駅

フィン・マックールとボス戦後、目的地方向へ進んでいくと『コウナン二丁目』に入る

『コウナン二丁目』のマガツカを破壊する

バフォメット×3と戦闘

バフォメットの耐性

物理 火炎 氷結 電撃 衝撃 破魔 呪殺

火炎属性と呪殺属性で攻撃してきます。特に呪殺属性は「呪殺プレロマ」があるのでかなりダメージを受けます。まずは「禍時:会心」を使用して、一気に2体倒せれば、かなり楽になります。1体だけになったら、破魔属性持ちの仲魔で攻撃すれば倒せるかと思います

『コウナン二丁目』の目的地で太宰イチロウとイベント後、新たな目的地が発生

この時点では太宰イチロウの先には行けません

『妖精の集落』で妖精王オベロンとイベント後、メインクエスト『不死の妙薬』を受注

ジャックランタンが同行者になる

『妖精の集落』でケットシーと会話するとサブクエストが受けれる場所が発生します

川を下っていくと、『南シナガワ』に入り、すぐの所にいるイズンと会話

「黄金の林檎」を3個、探しに行く

『南シナガワ』から『北シナガワ』に入る

『北シナガワ』のマガツカを破壊する

トートと戦闘

トートの耐性

物理 火炎 氷結 電撃 衝撃 破魔 呪殺

万能属性の「メギド」はかなり注意です。大体100位のダメージですが、130位受ける仲魔もいますので、HPが低いと1撃で死んでしまいます。ブロック等は出来ない為、全体回復が出来るメンバーが2人はいた方がいいです。弱点は呪殺属性の為、全体回復と呪殺属性を使用できる仲魔が2人いればいいですが、なかなかバランスよく仲魔が集められないと思うので、全体回復が出来るメンバーが2人を優先します。呪殺属性をどうしてもという時は神意の「道具の知恵」を習得し、アイテムというのも手かと思います。回復さえ行っていれば、物理攻撃でもなんとか倒せるかと思います

「黄金の林檎」を3個手に入れたら、妖精王オベロンの所に戻るとメインクエスト『不死の妙薬』が達成

→12000マッカ、経験値+15000を入手

イベント後、新たな目的地が発生

太宰イチロウとのイベント後、サブクエストが発生箇所が増えます。
ジャックランタンが同行者から外れますが、『妖精の集落』の入口で再び同行者にすることが出来ます

太宰イチロウが塞いでいた先へ向かう

『シナガワ駅』に入り、目的地で選択肢

選択肢
・ラフムに挑む
・彼女の救助を優先する

その後、ラフム2回目とボス戦

●ラフム第1形態

ラフム第1形態とラフムの触手のステータスはこちら

第2形態もありますので、戦う前に第2形態の対策も必要です。第1形態に関しては触手を全て倒さないと本体へ攻撃できません。また、触手に関しては3ターンおきにダメージを全て回復してしまいます。そのため、「禍時:会心」を使って、1ターン目でなるべく多く倒しておきましょう。気を付けなければいけないのが、第2形態もあるので、MPの枯渇です。「禍時:会心」時に「衝撃の小秘石」や「破魔の小秘石」のアイテムを使用して、全体攻撃+MPを温存するのもいいかと思います。第1形態はマガツヒを集めることはありませんので、電撃属性と呪殺属性の攻撃を気を付ければ問題ないです。ただ、汚泥状態になると回復出来ない上にプレスターンアイコン1つ消費してしまうので、注意が必要です。本体だけになったら、通常攻撃だけで倒せます。第2形態に備えて、MP温存、マガツヒを溜めておきましょう

●ラフム第2形態

ラフム第2形態のステータスはこちら

第2形態に関して、気を付けるのは混乱とマガツヒを集めた後の「マハジオンガ」です。特に混乱に関しては必ずBLOCKするメンバーを1人はパーティーに入れましょう。主人公に写せ身使ってもいいかと思います。全員混乱してしまう場合もあるので、混乱したら、すぐに回復します。また、「滅びのシルト」で命中率が下がってしまった時に「禍時:会心」は使用しないかマハスクカジャ等で回復してから「禍時:会心」を行いましょう。マガツヒを集めた後の「マハジオンガ」に関しては「電撃ブロック」や「雷障石」を使うなど行えば電撃属性が弱点でも問題にはならないかと思います。それ以外の攻撃も弱点で無ければ致命傷にならないので、こちらのHPに気を付けていれば、倒せるかと思います

ボス戦後、選択肢。

選択肢
・正直に言う
・黙っている

邪神ラフムの合体が解禁される

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です